アフィリエイター向けアマゾンWEBサービス・ツール

アマゾンの商品をキーワードで検索した結果を表示。検索エンジンにも拾ってもらえます!

ホームページの中でキーワードを設定すると、アマゾン の商品データベースの検索結果がそのページの中に表示されるというものです。もちろんそこにはアフィリエイト用のリンクコードが埋め込まれています。商品はカテゴリーを指定して検索範囲を絞ることもできます。

一度キーワードを設定しておけば、表示されるたびごとに検索して表示しますので、更新の手間がかかりません。

またSSIという仕組みはサーバーの方でデータをHTML文の中に埋め込んで表示していますので、検索エンジンにも商品名などのキーワードが拾ってもらえる…はず…です。

ただしSSI及びPHPが使えるサイトでしか利用できません。多くのレンタルサーバーは対応していますが、インターネット接続プロバイダーがおまけでくれるスペースや、ブログ専用のサイトなどでは利用できませんのでご注意。

さらにPHPの allow_url_fopen (外部のファイルを読みこむ許可)の設定が On になっていることが必要です。ほとんどのサーバーは大丈夫ですが、まれに対応していないものがあります。当社の Bidders用ツールや楽天市場ツールが動いているサーバーなら大丈夫です。

また アマゾン に登録していないともちろん使用ができません。未登録の方は、使用する前に登録してください。アマゾンのアソシエイト登録と、WEBサービスを使うための登録が必要です。利用には Amazon Associate への登録が必要です。

こちらからどうぞ。
http://associates.amazon.co.jp/gp/associates/join/main.html/
ここでアソシエイトID(トラッキングID)を取得してください。
さらに事前にAmazon WEBサービスに登録する必要があります。以下からどうぞ。

http://www.amazon.com/gp/aws/registration/registration-form.html

英語ですが頑張ってください。
アカウントを作ると Access Key ID が取得できます。

既にアカウントを持っていて Subscription ID をお持ちの方は、それを使用されてもかまいません。

アフィリエイター向けアマゾンWEBサービス・ツール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。